奄美夢島2021年度版
44/56

■■■■■奄美では「シマ」は集落の事を指す。その昔、山で遮られ、隣の集落へ舟で移動したためと考えられる。つまり、奄美の島唄は集落ごとに唄い継がれた独特な庶民の唄なのだ。島唄の唱法で特徴的なのは裏声を多用すること。これは男女が掛け合いで唄う事が多く、女性の高い声に男性が合わせたからといわれている。その為、伴奏に使われる三味線は沖縄の三線と違い、弦が細く、皮も薄い。高く、透明感のある唄声に合うよう高音にチューニングするからだ。奄美では、ただ唄の上手な人を「声者(くいしゃ)」といい、唄の持つ意味や歴史背景まで知る人を、人々は敬意を込めて「唄者(うたしゃ)」と呼ぶ。奄美の島料理を落ち着いた雰囲気の中で楽しめる名店。家庭を訪れたようなおもてなし。奄美郷土料理特集島の酒場は「うまいもの」のオンパレード!■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■スポ巡ットり43Yume-Shima奄美のパワー■■■■■■■■☎0997-52-2221■■■■■■■■■カウンター、テーブル、個室とお一人様からファミリーまで、用途で使いわけができる。売り切れご免の平日ランチは要チェック。大小宴会もOK!(〜24名様)■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■けいせきあん■■■■■■■■沖縄の「サンシン」同様、ニシキヘビの革を張っている。■■■■■■■島唄に欠かせない奄美独特の太鼓。地元では「ちぢん」と呼ばれる。▲奄美を代表する郷土料理No.1の「鶏飯」。こだわりの 出汁をあつあつの状態で。▼島外の方をお迎えするのに最適な「島めぐりコース」。 前日迄に要予約。■■■■■■■■黒糖焼酎1杯サービス■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■☎0997-52-5414■■■■■■■■■女将は唄者として有名な西和美さん。夜な夜な唄あしびを繰り広げている。はじめてでもいつのまにか常連さんの輪の中に。奄美島人気分を味わえるぞ!■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■くろしお■■■■■■☎0997-69-3530■■■■■■■■■どうせ島料理を味わうならセンスのいいお店で。宇検村産クルマ海老は脱皮したてだから頭までバリバリ香ばしい。単品の創作料理も人気!■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■▲本まぐろ一本買いだからできる丼3種 はどれもとろける美味しさ。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■生ビール、焼酎などワンドリンクサービス■■■■■■■■■

元のページ  ../index.html#44

このブックを見る