奄美夢島2016年度版
29/64

龍郷町地図P62 C-2時は幕末。ペリーの黒船来港で時代が大きく変わろうとしたしていたが、奄美大島の暮らしには変化は見られなかった。この男がやってくるまでは…。薩摩藩は、安政の大獄で幕府から捕縛命令の出ていた西郷をかくまう為、奄美大島行きを命じた。西郷は菊池源吾(祖先が肥後の菊池氏)と名を変え奄美での暮らしがはじまる。次第に人々の信頼を集め龍郷の有力者である龍家の娘、愛加那を島妻とする。西郷三十三歳、愛加那二十二歳。本名は愛子だが、人々は親しみを込めて愛加那と呼んだ。(加那は女性に対する尊称。)やがて菊次郎と菊子をもうけた。西郷は島の子供達に勉強を教えたり、相撲をとったりして三年間を過ごす。愛加那にとってこの三年間が最も幸せだった。しかし、歴史が二人を引き離す。一八六一年、西郷は一旦、呼び戻されるが、藩主島津久光の不興を買い徳之島へ流される。この時、愛加那は二人の子供を連れて会いにに行くが数日後さらに沖永良部島へ流されてしまう。一八六四年、時勢が西郷の力を求め、再び呼び戻される。薩摩藩に戻る途中、奄美大島に立ち寄った時が最後の別れとなる。薩摩藩の島妻制度に従い、二人の子供は西郷本家に引き取られ愛加那は一人残されることになった。明治維新、時代の波に翻弄された悲恋物語。~西郷隆盛と愛加那▲西郷南州蟄居跡奄美大島の自然を手軽に楽しむ事ができる。バードウオッチングや昆虫観察におすすめ。遊歩道が整備されているのでお子様連れでも安心だ。森の展示館ではビデオやスライド上映が行われる。龍郷町地図P62 C-2龍郷町地図P62 C-3奄美自然観察の森峠付近から臨む風景は奄美大島を挟んで右手に太平洋、左手に東シナ海を同時に見渡すことができ絶景。空港↑ビッグツー手前信号左折↑橋を渡って↑最初の左手の橋方向へ左折↑突き当たり左折↑舗装の終点で駐車徒歩2分。龍郷町地図P62 B-4屋入峠ハートロック近年、恋のパワースポットとして注目を集めているのが「ハートロック」。海岸の岩場に現れる潮だまりがハートの形に見えます。特に案内板があるわけでもないので場所がわかりにくく、幻のパワースポットと言う人も。干潮時でないと見られないので潮位を調べて訪れよう!写真提供:それいゆふぁ~むドリームクーポンランチ5% OFFSMOOTHIE農園特製スムージー自家製フルーツ自家製はちみつ農園特製ソフトクリーム自家製ヤギミルクPhone0997-69-4293ハートロックすぐそば。僕たちにあいにきてね!ドラゴンフルーツマンゴーパッションフルーツすももたんかん28Yume-Shima北部観光ガイド

元のページ 

page 29

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です