奄美夢島2016年度版
22/64

まてぃだぬこもりかつて、うっそうとして昼間でも暗かった森林の中でこの滝壺の上だけは太陽の光で輝いており、旅人の憩いの場として親しまれた。「マ・ティダ・ヌ・コモリ」(本当に美しい太陽の滝つぼ)がマテリヤの滝の語源。地図P55地図P55写真:マテリヤの滝県道79号線を南へ。ウエストコーストはオーシャンビューの絶景ドライブコース!観光のお問い合わせ:大和村役場 産業振興課直通 ■電話:0997-57-2153■電話:0997-57-2980■電話:0997-55-8620(平成29年度以降)不定休■ご予約:奄美フォレストポリス 電話:0997-58-3166奄美野生生物保護センターは、奄美群島の生きものや生態系を保全するために設立された環境省の施設。見どころはアマミノクロウサギを始めとした野生生物の剥製展示。なんと、アマミノクロウサギを触れます!入館無料。地元の農産物を使用し、隣接の加工場で手造りされたジャム、ジュースなどの特産品を販売。その他、地元業者が手掛けるお土産品なども取り扱い。詳しくはお問い合わせください。嶺山公園は東シナ海へ突きだした岬なので水平線を眺めるのに最適。見晴らしの良い場所だけに、平家の落人が追っ手を監視していた場所とも。落人の気持ちになって、思いをはせてみては?奄美大島サンセットプロモーションに選定。名音トンネルの北側にある断崖は約800年前、鎌倉時代の大地震で現れたといわれている。放散虫が堆積してできた化石の塊で、非常に固い。高さは172mもあり、見上げると距離感を失うほど圧倒される。必見!奄美野生生物保護センター果樹の村 大和まほろば館サンセットポイント 嶺山公園圧巻!そびえたつ徳浜断崖奄美フォレストポリスすももソフトクリームすももソフトクリーム津名久のマスコット津名久のマスコットトゥクトゥクで行こう!日没後出発。夜行性の生き物の観察ツアー!よっぽど気に入ったのか大和村津名久漁港に住みついた珍しい海ガメ。近づくと人懐っこく現れる。名前と住民票が欲しいらしい。※パワースポットを巡るデイツアーもあります。【宿泊】バンガロー………7,000円~大和村   ナイトツアートゥクトゥク6,000円4,000円小学生約3時間大和村限定大和村限定定住希望だよ!あまみっけ検 索サンセットプロモーションについて詳しくは…21Yume-Shima大和村観光ガイド

元のページ 

page 22

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です